メニュー

骨粗しょう症

 骨はわたくしたちの生体の支持組織として、荷重を支えています。さまざまな因子が骨に作用して、骨吸収と骨形成を繰り返しています。これらのバランスは30歳代までは平衡が保たれていますが、40歳以降骨形成量が減少し、特に女性は閉経後10年間で著しく骨吸収が亢進します。これに対し、当院では、超音波骨密度測定装置や骨代謝マーカーの測定を用い、的確に評価したうえで、栄養指導のほか、内服薬、注射薬で治療を行っています。身長の短縮は重要なサインです。ぜひ、ご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME