メニュー

食道の病気(逆流性食道炎・食道がんなど)

 食道は消化管の一部で、喉から胃にかけての約25~30cm(成人)ほどあります。ここでおこる病気には、逆流性食道炎や、食道がん等があります。

逆流性食道炎について

 逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流して、食道の粘膜に炎症などを起こす病気です。

症状としては、胸やけ、胸部の違和感、嘔吐(多量のげっぷ)、胸痛などで現れます。

 内視鏡による検査等で症状を発見し、胃酸をおさえる薬による治療を行います。長期の逆流性食道炎は、食道がんの発生リスクを高めると云われています。

食道がんについて

 食道がんの多くは食道の粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。アルコール多飲や喫煙との関連がわかっています。がんの組織型ですが、従来、扁平上皮癌が圧倒的に多かったのですが、食生活の西洋化、喫煙の減少にともない腺癌が増加しています。とくに、ピロリ菌除菌後、胃がんは減少するものの、食道の腺癌が増えているとの指摘があります。

 食道がんは自覚症状が無い場合が多くありますが、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみるという症状を初期に伴うことがあります。食べ物がつかえる感じになりますと、がんが大きくなっている可能性があります。

 内視鏡検査等の検査で早期発見が可能です。とくに40代後半から、罹患率が増加しはじめますので、定期的に健診を受けていただくことをお勧めします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME