メニュー

頚椎症(むち打ち症)

椎間板の変性にともなって椎体に起こる加齢性変化。一般関節症の脊椎版と云えます。頚椎の過伸展も症状を悪化させたり、発症させたりする契機となることがあります。局所の軟骨の変性、椎体の骨・軟骨性の隆起が起こり、頸部痛や上肢のしびれの原因となります。当院では局所安静、抗炎症剤の外用・内服・静脈内投与のほか、頚椎牽引療法や局所温熱療法を行っております。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME