メニュー

頚椎・腰椎牽引療法

椎間板の変性にともなって椎体に起こる加齢性変化の結果、頸部痛や上肢のしびれあるいは腰痛や下肢のしびれが起こります。脊椎牽引療法では、椎間腔を広げることで、局所の組織の圧迫による炎症を和らげ、除痛効果を期待しています。なお、当院では、現在、スペースの関係で脊椎牽引療法は行っておりません。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME