メニュー

肝機能障害・肝硬変

肝機能障害といいますと真っ先にアルコールによる肝障害を思い浮かべます。しかしながら、実際には、ウイルス性の肝障害の頻度も大きいです。最近では、過栄養、肥満による肝障害も無視できません。これらの結果、脂肪肝となった肝は、さらに硬化して、肝硬変に移行することもあります。肝硬変の患者さんは、必ずしも、アルコールの多量摂取者でないことに注意する必要があります。当院では、生活指導、栄養指導のうえ、肝庇護薬を処方するほか、定期的な腹部超音波検査で、肝臓癌のスクリーニングに努めていきます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME