メニュー

生活習慣病について

 生活習慣病はかつて成人病と呼ばれ、主に生活習慣の乱れ(食生活、運動、飲酒、喫煙など)から発生すると思われてきましたが、現在では、遺伝的な素因や加齢現象の寄与も大きいことがわかっています。

生活習慣病から来る病気・疾患

 肥満症、高血圧症、動脈硬化症、高脂血症(脂質異常症)、痛風(高尿酸血症)、狭心症、心筋梗塞、心不全、脳動脈硬化症、脳卒中(脳梗塞、脳出血)、糖尿病、肝機能障害、肝硬変、腎機能低下など。

当院の治療方針

 医学的な根拠に基づいた生活習慣の指導をいたします。生活習慣病の改善は、まず、日常生活の改善から始まります。定期的な外来診察の中で、日々の経過を患者さんと一緒に二人三脚で歩んでいくことを心がけます。

 また、急を要する心疾患、脳卒中、重篤な糖尿病、肝硬変、腎不全など、高度な医療機関での治療が必要な場合には、随時、適切な医療機関を紹介し、紹介病院と十分な連携を取りながら、治療をすすめていきます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME