メニュー

狭心症・心筋梗塞・心不全

狭心症とは、動脈硬化の結果心臓を栄養する血管が狭くなったり、攣縮をおこして心筋への血流が足りなくなることで起こります。その結果、心筋細胞が壊死した病態を心筋梗塞と云います。一度壊死した心筋が回復することはありません。心不全とは、心臓のポンプの力が落ちた状態を云います。心筋梗塞が原因で、急速になることもありますが、全身の動脈硬化の一環で心臓の機能が落ちて発症する場合もあります。また、腎機能の低下による体液過多で起きたり、心臓の弁の異常から起きたりすることもあります。それぞれの、病態に沿った治療が必要となります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME