メニュー

動脈硬化・脳動脈硬化

ここまで述べてきた、慢性疾患・生活習慣病の結果、それらが適切にコントロールできないと、全身の血管に柔軟性が失われていきます。その結果起こるのが、動脈硬化であり、脳動脈硬化であります。薬物療法を行っていれば、動脈硬化や脳動脈硬化がなくなるかと云えば、そういうわけにもいきません。加齢現象そのものが動脈硬化でもあり、完全に止めることは困難です。ただ、その進行を抑える働きがあります。特に、脳動脈硬化は、脳の高次機能の低下の原因ともなり、認知症の原因の一つにもなっています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME