メニュー

内視鏡検査について

 内視鏡とは、細い管状のカメラを口や鼻などから挿入し、胃や大腸を直接観察する検査機器です。内視鏡検査によって、日本人に多い胃腸のがんの早期発見につながることが多くあります。近年では、機器の性能があがり、苦痛も少なく、10~30分程度でほとんどの検査が終了します。

 検査は、「経鼻・経口上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)」「大腸内視鏡検査(肛門から入れる大腸カメラ)」の2つの種類があります。

上部消化管内視鏡検査(経鼻および経口鼻内視鏡)について

 現在、胃カメラは、口から管を挿入するタイプ(先頭部分が8-12mm程度)と、鼻から細い管(先頭部分が5mm程度)を挿入するタイプが行われています。それぞれに、長所と短所があります。経鼻内視鏡は、鼻から挿入しますので、吐き気が起こりにくく、会話ができるのが特徴ですが、画像自体はやや劣り、鼻出血のリスクがあります。一方、経口内視鏡は各種の処置がしやすく、画像の情報量も多くなります。当院では、鎮静剤を適切に用いるなどして、極力、検査がつらくならないように配慮して行います。原則として、内視鏡検査は、予約制で行っております。

検査の流れ

検査前日

 夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。

 水分(お茶やお水などの透明な飲料水)は、検査当日の午前6時半まで可です。

検査当日

 朝、食事はとらないでお越しください(朝の薬がある場合には指示に従ってください)。

検査中

 ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

 検査時間はだいたい10分ぐらいです。

 内視鏡のモニターを見ながら質問したりできます(鎮静をかけない場合)。

 診断を確かめるために、色素をまいたり組織を採取したりすることがあります。

大腸内視鏡検査(肛門から入れる大腸カメラ)

 大腸ポリープや大腸がんは、日本人の食生活が欧米化している現在、増加している疾患です。前処置として午前中に2リットルほどの下剤を服用し、午後から検査となります。このため、院内環境の都合により、近医へ紹介させていただいております。当院では、診断能力が十分で、午前中の下剤処置がなく、約10分ほどで終了する注腸造影検査をお勧めしております。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME