メニュー

乳腺の病気について

 乳腺の疾患は、乳がん以外にもさまざまな疾患があります。

乳腺炎

 乳腺がつまるなどして、炎症が起こり、痛みや発熱が伴う疾患。おもに、授乳中の女性にみられますが、授乳期以外でも発症することがあります。乳腺炎には段階があり、体表に存在する雑菌が入って膿瘍を形成するなど敗血症にいたる場合、膿の溜まりが明らかな場合などは、穿刺・切開等の外科的処置が必要になることもあります。もちろん、抗炎症剤や抗生物質の投与で改善、治癒する場合もあります。

乳腺症

 乳腺におこる良性の変化・疾患で、局所的なホルモンバランスが崩れた際に発生し、様々な症状を呈します。おもな症状は、乳腺組織の自発痛や硬化で、月経前に症状が出て、月経後に和らぐこともあります。乳腺症は良性の変化・疾患で、一般的には、癌とは関連がないとされていますが、乳腺が著しく硬化したり、エコー上の豹紋状パターンのため、腫瘍性病変との鑑別が難しい場合があります。30-40代に多い、乳腺組織が密で硬い、いわゆるdense breast(大なり小なり乳腺症の傾向がある乳房になります)では、マンモグラフィーとともに、超音波検査(エコー)がその威力を発揮します。いつもの乳腺と異質な硬さを感じた場合は、その段階で、各種検査を受けていただければと思います。

乳腺線維腺腫

 主に成人女性の乳房に発生する良性の乳腺腫瘍です。乳腺に弾力のある硬いしこりが現れて自覚されることがあります。境界は明瞭で、表面平滑のことが多いです。線維腺腫から「がん」が発生することはほぼないとされますが、癌との鑑別が難しい場合もあります。そのような場合は、穿刺吸引細胞診や針生検を行うなど医師による診断や慎重な経過観察が必要となります。ご本人の希望により、局所麻酔下に摘出して、病理診断を確定することも可能です。担当医師と十分相談のうえ、治療方針を決めていただければと思います。

乳汁分泌・血性乳汁

 授乳期でもないのに、乳頭から分泌液がでる症状です。分泌液の色は、白色、透明、褐色、赤、黄など様々ですが、白や透明のものの多くは、ホルモンバランスの乱れによっておこるものです。血が混じって褐色または赤色の場合は、乳管内乳頭腫や乳がんによる症状の場合があります。外来を受診のうえ、各種検査を受けていただき、悪性疾患を可能な限り否定しておくことが大切です。

乳房内石灰化

 乳腺にカルシウムの沈着がみられることを「乳腺内石灰化」といいます。しこりとして発見されることもありますが、しこりがわかりづらいものもあります。石灰化は、マンモグラフィがその威力を発揮します。良性のものが多いのですが、悪性(乳がん)のものもあります。触らない乳がんでは、微細石灰化の集簇が見られることがあります。

乳腺のう胞

 乳腺がつまって分泌物がたまることで、球状の袋である「のう胞」がつくられる病態です。乳腺症にともなう多彩な変化のひとつとして現れることも多いです。大きさは触って分かるものから、ごく小さなものまでさまざまです。多発する場合もあります。硬さは、乳がんよりは柔らかいことが多いのですが、触れただけでは区別できないこともままあります。「のう胞」に実質成分がある場合は乳がんの場合もありますので、医療機関による適切な診断・経過観察が必要となります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME