メニュー

かぶれ(接触性皮膚炎)の治療

かぶれ(接触性皮膚炎)は、急性皮膚疾患のひとつとされています。酷くなると潰瘍(かいよう)を伴う場合もあります。

原因

一次刺激性接触皮膚炎 (ICD)

刺激の強い物質(例えば、油・洗剤・石けんなど)との接触で皮膚が炎症を起こすケースをいいます。

アレルギー性接触皮膚炎 (ACD)

アレルギー反応が生じる物質(例えば、化粧品・消毒薬や目薬、湿布などの外用剤・金属・サクラソウや漆などの植物など)との接触で皮膚が炎症を起こすケースをいいます。

治療

まずは、疑われる接触原を断つことが大切です。そのうえで、抗アレルギーや抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、抗炎症薬の、外用薬・内服薬・注射薬を症状の状態に合わせて選択し、治療を行います。ステロイド薬は効果も強く、劇的に効きますが、副反応もありますので、他剤へ変更するタイミングも大切です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME