メニュー

お子様の病気について

一般的なお子様の病気・病状について

 当院では、発熱、風邪(かぜ)、頭痛、結膜炎、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)、下痢・嘔吐、腹痛、中耳炎、ひきつけ(けいれん)などの症状や、以下の多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。小児は成人と比べ、免疫力が十分でないことも多く、風邪をひきやすいものです。親としてはわが子が熱を出して、フーフー云っていると不憫に思えてしまうものです。一方、小児は、成人以上に回復力は旺盛な面もあります。当院では、一次医療を提供することで、いち早く回復を促すとともに、二次治療が必要と思われる患者さんには、適切に治療をつなげてまいります。

 また、腹痛や発熱の中には、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)や腸重責のような深刻な病状となりうる疾患も隠れています。小児を含め腹部の救急疾患を多数診察、加療してきた経験豊富な当院の院長にお任せください。

呼吸器疾患

 気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺炎、急性喉頭炎(クループ症候群)、細気管炎など

伝染性疾患

 水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなど

消化器疾患

 ウイルス性胃腸炎、感染性胃腸炎、急性虫垂炎、腸重責、便秘など

慢性疾患

 鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿(おねしょ)など

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME