メニュー

平成29年度、船橋市乳がん検診について

 平成29年度の船橋市乳がん検診については、これまでと違って、大幅な変更が予定されています。従来、必須であった乳房の視触診がすべて廃止されます。そのうえで、30代の女性には偶数歴年を中心に隔年の乳腺超音波検査が導入されます。また、40代以降の女性でも乳房の視触診が廃止されるほか、原則2方向(左右各2回、計4回)の撮影となる予定です。検診時期も日程をより余裕を持たせるため、4月初めからの開始が予定されています。4月、5月生まれの方には、今月中に受診券とお知らせが送付される予定となっています。そのほか、今、話題となっているdense breast(乳腺組織の発達した乳房)に関して、該当者には自費で超音波検査を受診するよう推奨を行う予定となっています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME