メニュー

膝関節症・肩関節症

加齢にともなう骨の関節面の異常で、変形性関節症とも云います。関節軟骨面の摩耗により表面にびらん、亀裂が生じ、軟骨の変性が増強されます。その過程で、炎症性変化が起きていきます。臨床的には関節の変形、腫脹、疼痛が症状となります。膝関節症に対しては、関節包内に炎症性の水が溜まっていれば、水を抜き、ヒアルロン酸や炎症を抑える薬剤の注入を行っていきます。同時に、内服薬や静注薬を使って、症状の緩和に努めていきます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME