メニュー

巻き爪・爪白癬

 巻き爪は陥入爪の別称です。爪の側縁が爪の基底部に食い込むことで発症します。爪溝が炎症性に肥厚し不良肉芽が形成され、痛みをともないます。外的な刺激が原因となってますので、局所の圧迫を避け、安静に努め、抗炎症薬等の対症療法を行います。当院では、繰り返す、治らないなどの場合は、爪の形成手術も行っています。

 爪白癬は爪が混濁、肥厚し脆弱となるほか、爪下の角質が増殖し、変形していきます。多くは足白癬に続発します。介護をされていて、被介護者の爪の変化が気になることもままあると思います。そのような際は、外用薬や内服薬で改善を来すことも期待できますので、ぜひ、ご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME